Meghan Trainor(メーガン・トレイナー)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧

Meghan Trainor(メーガン・トレイナー)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧。
洋楽歌詞和訳カタカナまとめ「ウタリク」では、管理人が好む洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめています。
 

Meghan Trainor(メーガン・トレイナー)のプロフィール

Meghan Trainor(メーガン・トレイナー)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧

Meghan Trainor(メーガン・トレイナー)は、アメリカマサチューセッツ州出身の女性シンガーソングライター。

父親は音楽教師でミュージシャンであり、メソジスト教会でオルガンを演奏しており、音楽一家でもあった影響から幼少期から教会で歌い始め、11歳から音楽を書き始め、13歳ではオリジナルソングを持つようになります。15歳でギターレッスンを受け、両親が用意していたホームスタジオを独立して作業するようになります。

2009年には自主制作によるアルバムをリリース。地元のラジオWCIBで放送され話題になります。
2009年と2010年の夏にBerklee College of MusicのSummer Performance Programに参加し、プログラムのソングライティングコンクールにて決勝まで進むなど実力を証明していき、2009 International Acoustic Music AwardsでBest Female Artist、2010 New Orleans Songwriter's Festival、2011 Tennessee Concert Song Contest、John Lennon Love Song Songwriting Contestで大賞を受賞しました。

17歳でナッシュビルに本拠を置くBig Yellow Dog Musicと契約。ソングライターとしてのキャリアを開始し、Sabrina Carpenter(サブリナ・カーペンター)などに楽曲提供をしていました。

2014年にEpic Recordsと契約し、デビューシングル「All About That Bass(オール・アバウト・ザット・ベース)」をリリースすると、58カ国で1位を記録し、1000万枚以上を売り上げる大ヒット。

翌2015年はツアーを開始するも、声帯出血と診断されコンサートを延期するなどもありましたが同年11月には、Who Is Fancy(フー・イズ・ファンシー)とのコラボ曲「Boys Like You(ボーイズ・ライク・ユー)」をリリース。2015年全世界で第9位のベストセラーヒットとなりました。
 

Meghan Trainor(メーガン・トレイナー)の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする