Kiefer Sutherland(キーファー・サザーランド)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧

Kiefer Sutherland(キーファー・サザーランド)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧。
洋楽歌詞和訳カタカナまとめ「ウタリク」では、管理人が好む洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめています。
 

Kiefer Sutherland(キーファー・サザーランド)のプロフィール

Kiefer Sutherland(キーファー・サザーランド)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧

Kiefer Sutherland(キーファー・サザーランド)は、ロンドン出身のテレビ・映画俳優。

Donald Sutherland(ドナルド・サザーランド)の息子として1966年ロンドンに生まれ、1983年、映画「Max Dugan Returns(ニール・サイモンのキャッシュ・マン)」で父親と共に出演したのを皮切りに、1980年代には「Stand By Me(スタンド・バイミー)」や「The Lost Boy(ロストボーイ)」など多くの青春映画に出演。

1986年にはモンタナの彼の牧場を流れる川に因んで名付けたスティルウオーター・プロダクションを設立。
1990年、出演した映画「Flatliners(フラットライナーズ」で一躍注目を浴び、それから2年後、『A Few Good Men(ア・フュー・グッドメン)」の主役を演じて大当たり、間もなくして、TVドラマ「Last Light(ラストライト)」で監督としてのデビュー、自らも囚人役で注目されました。

2000年代、彼を一躍世界的スターにしたドラマが「24 -TWENTY FOUR-」です。ジャック・バウアー役として非常に有名で、日本のCMにも出演したほど。

俳優、映画監督としても脚光を浴びている彼は、「Gibson(ギブソン)」のエレキギターの熱心なコレクターとしても知られていますが、今度はミュージックビデオ「Not Enough Whisky(ノット・イナフ・ウィスキー)」を発表し、新たにカントリー・ミュージックのキャリアにも一歩を踏み出したことを多くのファンは驚きを持って迎えているようです。
 

Kiefer Sutherland(キーファー・サザーランド)の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする