スポンサードリンク

記事検索

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキング参加中 クリックお願いします!


洋楽ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧。
洋楽歌詞和訳カタカナまとめ「ウタリク」では、管理人が好む洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめています。
 

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)のプロフィール

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)は、カナダのポップミュージシャン、俳優、シンガーソングライター。

ストラトフォードにあるフランス語のイマージョン教育を受けながら、ピアノ、ドラム、ギター、トランペットを学びます。ストラトフォードでの地元の歌手コンクールでNe-Yo(ニーヨ)の「So Sick(ソー・シック)」を歌い、第2位になります。母親であるPatricia "Pattie" Mallette(パティ・マレット)がその頃から家族や友人に見せるためにYouTubeで公演のビデオを投稿するようになり、徐々に人気が高まります。

それらの動画が後のマネージャーとなるScooter Braun(スクーター・ブラウン)に見いだされ、Usher(アッシャー)との合併会社RBMG Recordsと契約後、レーベルを探しアイランド・レコードとの契約。

当時はJustin Timberlake(ジャスティン・ティンバーレイク)も契約を希望していましたが、契約争奪戦に負けてしまったと伝えられ話題になりました。

2009年、デビュー作となる1stEP「My World(マイ・ワールド)」を発売すると多くの番組に出演し、シングルカットされた楽曲のヒットもあってプラチナディスクに認定されました。

2010年、1stアルバム「My World 2.0(マイ・ワールド 2.0)」を発売、多くの国で1位を獲得し、またビーバーは最もネット検索されたセレブであると発表されその人気は不動のものに。

同年9月23日に放送されたCBSの犯罪ドラマ『CSI:科学捜査班』のシーズンプレミアにゲスト出演し俳優デビューも果たしています。2012年には映画Men in Black 3(メン・イン・ブラック3)にも出演。

その後リリースされたスタジオアルバム「Under the Mistletoe(アンダー・ザ・ミスルトウ)」「Believe(ビリーヴ)」「Purpose(パーパス)」全てBillboard 200で1位を獲得しています。

また日本においても「ピコ太郎」ブレイクのきっかけを作ったり、CM出演を果たすなど絶大な人気を誇っています。
 

Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする