スポンサードリンク

記事検索

ブログランキング

ブログランキング参加中 クリックお願いします!


洋楽ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

Rita Ora(リタ・オラ)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧

Rita Ora(リタ・オラ)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧。
洋楽歌詞和訳カタカナまとめ「ウタリク」では、管理人が好む洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめています。
 

Rita Ora(リタ・オラ)のプロフィール

Rita Ora(リタ・オラ)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧


Rita Ora(リタ・オラ)は、ユーゴスラビアのプリシュティナ出身のシンガーソングライター、女優。

生まれはユーゴスラビアのプリシュティナですが、当時の政治的理由から1991年にイギリスのロンドンに移住し、ウェスト・ロンドンのノッティング・ヒルで育ちます。アールズ・コートのSt Matthias Primary Schoolと一緒にSt Cuthbertに通い、続いて舞台芸術学校であるSylvia Young Theatre Schoolを卒業。早くから歌手活動を始めます。

ロンドンのバーなどで演奏し、2007年にはCraig David(クレイグ・デイヴィッド)の4thアルバム「Trust Me(トラスト・ミー)」に収録されている「Awkward(オークワード)」、2008年にリリースされたシングル「Where's Your Love(ホエアーズ・ユア・ラヴ)」にゲスト参加。同年12月にRoc Nationとレコード契約と出版契約を結び、Jay Z(ジェイ・Z)やDrake(ドレイク)のミュージック・ビデオにカメオ出演するなど活動。

2011年には自身のYoutubeチャンネルを立ち上げ、自身の楽曲とカバー動画をアップするなどしていましたが、それにDJ Fresh(DJフラッシュ)が注目し、シングル「Hot Right Now(ホット・ライト・ナウ)」のボーカルとしてゲスト参加することになります。そしてこの曲がUK Singles Chartで1位となり一気に知名度がアップ。2012年Drake(ドレイク)の英国で行われたClub Paradise Tourのオープニングアクトを務めました。同年リリースしたシングル「How We Do (Party)(ハウ・ウィー・ドゥ(パーティ))」「R.I.P.」、またデビューアルバム「Ora(オラ)」が英国で1位を獲得。2014年にはIggy Azalea(イギー・アゼリア)のシングル「Black Widow(ブラック・ウィドウ)」にゲスト参加し、Billboard hot 100でトップ3入りを果たしました。

2015年7月10日、ロンドンのコソボ大使館でコソボ共和国大統領アティフェテ・ヤヒヤガによって名誉大使に任命され、式典に参加。元イギリス首相トニー・ブレアとその妻シェリー・ブレアと会談し、コソボの青年を助けることを約束し、役割を「誇りに思う」と述べています。

 

Rita Ora(リタ・オラ)の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする