スポンサードリンク

記事検索

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

ブログランキング

ブログランキング参加中 クリックお願いします!


洋楽ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

Sam Smith(サム・スミス)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧

Sam Smith(サム・スミス)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧。
洋楽歌詞和訳カタカナまとめ「ウタリク」では、管理人が好む洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめています。
 

Sam Smith(サム・スミス)のプロフィール

Sam Smith(サム・スミス)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧


Sam Smith(サム・スミス)は、ロンドン出身のシンガーソングライター。

ロンドンの芸能学校であるYouth Music Theatre UKに2007年に入学し、ジャズバンドに参加しながら、ジャズボーカリストでありピアニストのJoanna Eden(ジョアンナ・エデン)に歌と作曲の技法を学びます。ビショップス・ストートフォードのBishop's Stortford Junior Operaticsや、Cantate Youth Choirのメンバーでもありました。

2012年、ダンスミュージックデュオのDisclosure(ディスクロージャー)がリリースしたシングル「Latch」にゲストボーカルとして参加し、全英11位を記録。2013年にはデビューシングル「Lay Me Down(レイ・ミー・ダウン)」をリリース、またNaughty Boy(ノーティー・ボーイ)のシングル「La La La」に参加し、全英1位を獲得、同年行われたブリット・アワードで批評家賞を受賞します。

2014年、デビューアルバム「In the Lonely Hour(イン・ザ・ロンリー・アワー)」をリリースすると全英1位、全米でも2位、また多くの国でトップ10入りし、最終的に全世界で1200万枚のセールスを記録する大ヒット、アルバムからのシングル「Stay with Me(ステイ・ウィズ・ミー)」や「I'm Not the Only One(アイム・ノット・ジ・オンリー・ワン)」も大ヒットとなりました。

翌年のグラミー賞では6つの部門にノミネートされ、結果最多の4部門「Best New Artist」「Record of the Year」「Song of the Year」「Best Pop Vocal Album」が授与され、UK Album Chartでは69週連続トップ10入りを果たし、ギネス記録にも認定されています。

2017年にリリースされた2ndアルバム「The Thrill of It All(ザ・スリル・オブ・イット・オール)」も音楽不況の中全世界で100万枚以上のセールスを記録しています。「奇跡の歌声」「天使の歌声」と比喩される事の多いSam Smith(サム・スミス)ですが、そんな彼が影響を受けたアーティストのほとんどは女性アーティストのようです。

 

Sam Smith(サム・スミス)の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする