スポンサードリンク

記事検索

ブログランキング

ブログランキング参加中 クリックお願いします!


洋楽ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

David Allan Coe(デイビット・アーラン・コー)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧

David Allan Coe(デイビット・アーラン・コー)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧。
洋楽歌詞和訳カタカナまとめ「ウタリク」では、管理人が好む洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめています。
 

David Allan Coe(デイビット・アーラン・コー)のプロフィール

David Allan Coe(デイビット・アーラン・コー)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧

David Allan Coe(デイビット・アーラン・コー)は、オハイオ州出身のソングライター、アウトロー・カントリー・ミュージック・シンガー、ギタリスト。主に1970年代、80年代に人気を博したミュージシャンのひとりです。

1970年代初めに、デビューアルバム「Penitentiary Blues(ペニテンティアリー・ブルース)」をリリースし、続いてGrand Funk Railroadでツアーを行いました。また同時に楽曲提供なども行い、1973年にTanya Tucker(タニヤ・タッカー)へ提供した「Would You Lay with Me (In a Field of Stone)(ウッド・ユー・レイ・ウィズ・ミー(イン・ア・フィールド・オブ・ストーン))」がBillboard Hot Country Songsにて1位を記録、ナッシュビルの最も熱いソングライターのひとりになります。また同曲は1975年に自身のアルバムでセルフカバーしています。

1982年にリリースしたアルバム「Underground Album」では、最も論争の的な歌「Nigger Fucker」を収録し、その結果人種差別罪で非難される事になりますが、その翌年にリリースしたシングル「The Ride(ザ・ライド)」のヒットにより復活しました。

2010年を最後にオリジナルアルバムのリリースこそありませんが現在も活動を続けており、近年ではカントリーラップデュオのMoonshine Bandits(ムーンシャイン・バンディッツ)のアルバムに参加しました。
 

David Allan Coe(デイビット・アーラン・コー)の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする