スポンサードリンク

記事検索

ブログランキング

ブログランキング参加中 クリックお願いします!


洋楽ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

Billy Currington(ビリー・カリントン)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧

Billy Currington(ビリー・カリントン)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧。
洋楽歌詞和訳カタカナまとめ「ウタリク」では、管理人が好む洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめています。
 

Billy Currington(ビリー・カリントン)のプロフィール

Billy Currington(ビリー・カリントン)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧


Billy Currington(ビリー・カリントン)は、ジョージア州サバンナ出身のカントリーシンガー、シンダーソングライター。

学生時代はジョージア州スプリングフィールドにあるエフィンガム郡高校へ通い、ナッシュビルにある有名なカントリーミュージックテーマパーク、オープリーランドUSAのオーディションを受けるも失敗し、卒業後はナッシュビルに移住し、カントリーミュージックでキャリアを追求しました。

ジョージア州のキャバリエカントリークラブという名前のバーで歌いながら、ナッシュビルでは、具体的な会社や個人トレーナーとしても働いていました。
その際にパーソナルトレーナーとして働いていたクライアントの1人がデモテープの録音と曲の書き込みを依頼してきたことで、ソングライターとして制作を行い、George Strait(ジョージ・ストレイト)、Tracy Byrd(トレーシー・バード)、Marty Raybon(マーティ・レイボン)によって採用され、RCAレコードに加わることを申し出られた後、2003年にMercury Recordsに署名しました。

2003年、デビューアルバム「Billy Currington(ビリー・カリントン)」をリリース。さらにアルバムからのデビューシングル「Walk a Little Straighter(ウォーク・ア・リトル・ストレートジャー)」をリリース。Hot Country Songsで年間8位となるヒットを記録します。

2005年にリリースしたシングル「Must Be Doin' Something Right(マスト・ビー・ドゥーイン・サムシング・ライト)」ではCountry Airplay Chartで初の1位を獲得し、翌年のCMT Music AwardsでHottest Video of the Yearを受賞しました。その後2010年にリリースした4thアルバム「Enjoy Yourself(エンジョイ・ユアセルフ)」はBillboard 200では初のトップ10入りを果たし、大ヒットを記録。

Country Airplay Chartでの人気は強く、2017年までに11曲が1位を獲得しています。

 

 

 

Billy Currington(ビリー・カリントン)の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事一覧

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする