Daft Punk(ダフト・パンク)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧

Daft Punk(ダフト・パンク)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧。
洋楽歌詞和訳カタカナまとめ「ウタリク」では、管理人が好む洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめています。
 

Daft Punk(ダフト・パンク)のプロフィール

Daft Punk(ダフト・パンク)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧

Daft Punk(ダフト・パンク)は、パリ出身のThomas Bangalter(トーマ・バンガルテル)とGuy-Manuel de Homem-Christo(ギ=マニュエル・ド・オメン=クリスト)のエレクトロ・ミュージック・デュオ。

常にマスクを被って本人達の素顔を公開しないパフォーマンスが特徴で、「2人はロボットである」という設定があるようです。

元は学生時代からの知り合いで、バンド活動を経て他のメンバーが脱退、その後2人で本格的にハウス・ミュージックへと方向性を転換し活動をスタートさせました。1994年にシングル「The New Wave(ザ・ニューウェイブ)」でデビュー。翌年発売された「Da Funk(ダ・ファンク)」の大ヒットにより世界中に知られるハウスユニットとなりました。

日本では2ndアルバム「Discovery(ディスカバリー)」にも収録されている先行シングル「One More Time(ワン・モア・タイム)」が松本零士が手がけた、アニメーションクリップも注目を集め大ヒット。2014年第56回グラミー賞では主要2部門含む4部門制覇を達成しました。
 

Daft Punk(ダフト・パンク)の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする