スポンサードリンク

記事検索

ブログランキング

ブログランキング参加中 クリックお願いします!


洋楽ランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

スポンサードリンク

Quavo(クエヴォ)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧

Quavo(クエヴォ)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧。
洋楽歌詞和訳カタカナまとめ「ウタリク」では、管理人が好む洋楽の名曲たちの歌詞と和訳、そして和訳はいらないからカラオケで歌いたいという方のために英語の歌詞をカタカナ表記をまとめています。
 

Quavo(クエヴォ)のプロフィール

Quavo(クエヴォ)の洋楽歌詞和訳カタカナまとめ一覧


Quavo(クエヴォ)は、ジョージア州アセンズ出身のラッパー、歌手、ソングライター、レコードプロデューサー。ヒップホップトリオMigos(ミーゴス)のメンバー。

ジョージア州グウィネット郡でMigos(ミーゴス)のメンバーでもあるOffset(オフセット)、Takeoff(テイクオフ)と共に育ち、2009年にグループを結成。2011年に初めてミックステープをリリースします。

2013年にデビューシングル「Versace(バーサス)」を発売後、2016年にはKanye West(カニエ・ウェスト)が創設したレーベル G.O.O.D. Musicとのマネジメント契約を結び、その翌月には「Bad and Boujee(バッド・アンド・ブージー)」が全米1位に。2017年のBillboard Hot 100年間ランキングでも6位を記録する大ヒットとなりました。 2017年1月にリリースされた2ndアルバム「Culture(カルチャー)」もBillboard 200で1位を記録。年間でも8位とこちらも大ヒット。

Quavo(クエヴォ)は2014年頃からソロでミュージシャンの楽曲にゲスト出演するようになります。

Billboard Hot 100でデビューしたのは2016年にリリースされたYoung Thug(ヤング・サグ)とTravis Scott(トラヴィス・スコット)の楽曲「Pick Up the Phone(ピック・アップ・ザ・フォン)」。43位まで上昇しダブルプラチナのヒットとなります。2017年にはPost Malone(ポスト・マローン)と共演した「Congratulations(コングラチュレーションズ)」で初のソロでのトップ10入り。その後DJ Khaled(DJキャレド)のフューチャーゲストとして参加した「I'm the One(アイム・ザ・ワン)」は1位を獲得しています。これまでリード・アーティストとしても3枚のシングルをリリースしています。

成功している一方で暴行事件などで度々メディアを騒がせる一面もありますが、ソロ名義で参加した楽曲がTeen Choice AwardsやMTV Video Music Awards、American Music Awardsを受賞しており、絶大な人気を博しています。

 

 

 

Quavo(クエヴォ)の洋楽歌詞和訳・カタカナ記事一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントする